人気記事バチェラー・ジャパンをメニューに追加したよ(*´꒳`*)

【映画】人生で一番泣いた作品1位はタイタニックらしい

映画で泣いたことあるかなぁ。

 

と考えてみたら、数えるほどしかないかもしれません。

 

ドラマでは泣くんだけどね。

 

ドラマは、2時間完結の映画とちがって、

何シーズンにもわたって見ていくと、感情移入

していくから、思い入れのあったキャラが死んじゃったり

すると、ぶわーっと涙が出てしまうのですよね。

 

■人生で一番泣いた映画ランキング
第1位:『タイタニック』(1997年・アメリカ)
第2位:『火垂るの墓』(1988年・日本)
第3位:『アルマゲドン』(1998年・アメリカ)
第3位:『ショーシャンクの空に』(1994年・アメリカ)
第4位:『君の名は。』(2016年・日本)
第4位:『グリーンマイル』(1999年・アメリカ)
第4位:『ローマの休日』(1953年・アメリカ)
第5位:『永遠の0』(2013年・日本)
第5位:『いま、会いにいきます』(2004年・日本)
第5位:『世界の中心で、愛を叫ぶ』(2004年・日本)

niftyニュースより引用

 

「永遠のゼロ」と「いま、会いにいきます」以外は全部観ました。

 

どれも泣いてない(笑

 

あーいい映画だったなぁって感動したのはありますよ。

 

 

「ショーシャンクの空に」

 

はストーリーもよかったけど、音楽がかなり良い。

アンディが刑務所に連れてこられる、刑務所の空撮カット

のあたりで流れるストリングスのBGMで一気に

引き込まれました。

 

他にもシーンごとにすごく効果的なサントラだったと

思います。

 

原作買って読みました。

 

 

「火垂るの墓」

 

は昔学校で見た覚えがある気がするけど、

大人になるほど見れないですね。

泣くとかいうよりも、「きつい」という感情が強かったです。

 

 

 

↑の作品は泣かなかったのですが、

 

わたしが思わず涙腺が崩壊したのは、

 

「シンドラーのリスト」でした。

 

すごく長い映画だったですけど、生々しいドキュメンタリー

チックな部分もあって、ショッキングなシーンに精神的にも

けっこうキましたが、

 

最後らへんで、シンドラーがなるべく多くのユダヤ人を救おうと

アーモン(SS将校)と取引してたくさん助けるんだけど、

救われたユダヤ人たちの前で

 

「もっと救えたのに」

 

「この時計であと10人救えた」(時計だったかどうか曖昧)

 

と泣き崩れてしまうシーンがあるんですが、

 

そこでいきなり涙腺が決壊してしまいました。

 

シンドラーさん、そんなにユダヤ人救済に熱い思いがあったんだ、

そこまでだったんだ!と(ビジネスライクなキャラ描写が多かったので)

思って思わず。

 

見た後に、ホロコーストのことを調べたりしましたねー。

 

シンドラー役のリーアム・ニーソン、「トレイン・ミッション」

のCMで見かけたけど、ずいぶんダンディになりましたね。

 

 

あとは、

 

「グラン・ブルー」

 

のラストシーンかな。号泣ではなくてじわじわあとを引きました。

 

凡人には到底理解不能な海へ還るジャック・マイヨールの決断に

 

「"Go, Go and see my love."」(私の愛を見てきて)

 

(解釈には諸説ありますね)

 

のジョアンナのセリフでたまらなくぐっときました。

 

 

会社を辞めてまでジャックのところに来ただけに、

妊娠している身の上だけに、

何よりジョアンナのジャックへの愛情が激しかっただけに、

 

そのセリフが出るとは、

 

えええ( ´△`)切ないじゃないか

 

 

でした。

 

 

グラン・ブルーについてはまたいずれ書こうと思います。