人気記事バチェラー・ジャパンをメニューに追加したよ(*´꒳`*)

はじめてのゲーム・オブ・スローンズ ② ウェスタロスの地図と七王国の名家

ウェスタロスとは?

 

ゲーム・オブ・スローンズの舞台の架空の大陸。
地理が苦手だけども、やっぱりこの物語を見るときは
必要なんだな。narrow seaとかどこにあるんじゃい、
って不思議と地図を確認したくなりますw
あと、旗と家訓も知っておかないとやっぱりネット
で調べちゃうことになるw

ウェスタロスの地図

 

 

私、今2巡目ですがまだイマイチ覚えてないので、ついでに復習しようと思います。
少々調べましたが記憶のイメージメインで書こうと思います。

スタークス家 「冬来たる」

ダイアウルフ
本拠地:ウィンターフェル。
城主:エダード・スターク。
誠実で忠誠心が強く、まじめ。
だからなのか、スタークス家のファミリーは

これでもかというほどの試練に遭ってハードモードな
生き様です。
川べりで助けたダイアウルフの子犬(?)が
ちょうどスタークス家の子ども5人が一匹ずつ
飼うことになる。
ダイアウルフもふもふでかわいい。

 

バラシオン家 「氏神は復習の女神」

金色の地に王冠をかぶった黒い牡鹿

本拠地:キングズランティング。
現在の王族。王のロバート・バラシオンは
ターガリエン家に反乱を起こし、豪傑な戦士だった
らしいけど、ドラマが始まった時には、太ってて
お酒ばっかり飲んでて、女遊びばっかり、あとは
たまに狩をしていた。「王の手」は親友のエダード・スターク。

 

ラニスター家 「訊け、わが咆哮を!」

真紅の地に黄金の獅子

本拠地:キャスタリーロック
当主:タイウィン・ラニスター
金鉱があるため、お金持ちの一族。長女のサーセイは
王・ロバートの妻。
旗も鎧もかっこいいし、金髪美形の家系だと思う。

でも、ここの一族はキャラが濃い。

家訓っていうか標語?はどっちかっていうと
「ラニスター家は借りを返す」の方がよく耳にします。
これで何度も命を救われたのは、次男のティリオンだと思う。

 

アリン家  「高きこと誉れの如く」


青地に飛翔するハヤブサと三日月

本拠地:アリンの谷間。高巣城。
当主:ライサ・アリン。
夫のジョン・アリンは、エダード・スタークの前の「王の手」だった。
ジョン・アリンが殺されたと思ったライサは高巣城に
戻ってくる。
エダード・スタークの妻、キャトリンの妹。
初登場回がインパクトありすぎ。月の扉怖すぎ。

 

グレイジョイ家 「我ら種を蒔かず」


黒の背景に金のクラーケン

本拠地黒鉄諸島のパイク城。
当主:ベイロン・グレイジョイ
ベイロンは、ロバート・バラシオンに反乱したときに
息子ふたりを亡くした。唯一助かった末息子の
シオン・グレイジョイは、スターク家の人質になって
いる。海の荒くれ者たちって感じです。シオンの姉の
ヤーラが男らしくて強い。

 

タイレル家   「我ら強大たるべし」

緑地に咲く黄金のバラ

本拠地:河間平野一帯。ハイガーデン
当主:メイス・タイレル。
娘のマージェリーを、バラシオン家のレンリー・バラシオン
と結婚させ、同盟を結ぶ。レンリーが死んだあとは、
ラニスター家のジョフリーと結婚させることで大きな
後ろ盾を得ようとする。こっちの父ちゃんよりも
おばあちゃんのオレナの方が力がある。ように思う。
ハイガーデンの人たちの衣装と髪型がかわいい。

 

タリー家 「家族、責任、名誉」

赤と青のさざ波に銀色の跳ねる鱒

本拠地:リバーランズ、リバーラン
当主:ホスター・タリー
ひらたくいうと、エダード・スタークの妻、キャトリンの
実家。ウェスタロスの中でも、古い名家のひとつ。
後に、ターリー家とか出てくるから、あれ?あれ?となる。

七国の鉄の玉座を奪還を狙って虎視眈々と動くその国は

 

ターガリエン家 「炎と血」

本拠地:エッソスに亡命中。

当主:ヴィセーリス・ターガリエン。デナーリスの兄。
もともとはキングズランティングの「狂王」であった
レイガー・ターガリエンが、ラニスター家のジェイミーに
殺されてから、ヴィセーリスとデナーリスは、エッソスに亡命していた。
そこから、鉄の玉座を奪還しようと、兄のヴィセーリスが妹を使って画策する。

デナーリスがキングズランディングに向かうまでのストーリーが
七国のいざこざとは別のところで展開されておもしろい。

ドラゴンが生まれたりして、ファンタジー風味も満載。
デナーリスはかわいい。髪型を真似したいと一瞬思ってしまう
ほど見入ってしまう。が、やっぱり「狂王」の血を引いてるな
(;・`д・´)って思うシーンも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です