人気記事バチェラー・ジャパンをメニューに追加したよ(*´꒳`*)

「ゲーム・オブ・スローンズ」戦闘シーンだけで55日!シーズン8は2019年放送

いつも読んでくださってありがとうございます!

 

今日は、アマプラで配信された途端にハマったドラマ

「ゲーム・オブ・スローンズ」について久しぶりに

書こうと思います。

 

世界中でとんでもないメガヒットしたこのドラマ。

エミー賞最多受賞の偉業も成し遂げました。

 

現在は、すでにシーズン7まで放送が終わっていて、

huluでは、シーズン7まで、アマプラはシーズン6まで

視聴できます。

 

このドラマは、最終シーズンが8までとすでに決まって

いるので、引き伸ばしなどなくすっぱりと終わる感じ

ですね。

 

一話が60分以上ありますし、しかもCMが挟まってくる

編集ではないので、ほんとに没頭してみてしまいます。

何度また朝まで見てしまった…となったことか。

 

ゲーム・オブ・スローンズのざっくりとしたあらすじ

 

中世ヨーロッパの時代背景をベースとした、架空の世界で

「鉄の玉座」をめぐって各名家が、王都をめざして

繰り広げられるダークファンタジー。

 

R15の大人向けです。リアルな性描写、暴力シーンあり。

 

一方で、絶滅したと言われたドラゴンの復活とともに

ドラゴンの母と言われる前玉座にあったターガリエン家の

デナーリスが玉座の奪還をめざし、ドラゴンを率いて王都へ

向かいます。

 

それと

 

北の壁と言われる、壁の向こうにいるゾンビ

「ホワイト・ウォーカー」と人類の戦いの物語でもあります。

 

複雑な人間関係、メインキャラがいなくて、逆に誰もが

主役ということもできると思います。

 

だから、何家の誰なのかって名前を覚えるのが大変ですが、

頑張って覚えよう!と思わせるほど夢中になるドラマです。

 

 

シーズン8では戦闘シーンだけで55日撮影に要したらしい

 

見所の一つとしては、「戦闘」シーンだと思うんですね。

ブラックウォーターの戦いとか、

落とし子の戦いとか、

 

もう壮絶な戦闘シーンが繰り広げられてきました。

このドラマを語るときに、よく言われることですが

 

「毎回映画を見ているようなクオリティ」

 

だということです。戦闘シーンにそれは特に現れている

と思います。

 

55日かかった戦闘シーンは、ホワイトウォーカーとの戦い

だと思うんですが、シーズン7まで見た感じだと

何十万っていうホワイトウォーカーがいるんです。

 

ついには、ドラゴンまでホワイトウォーカーになってしまって

北の壁が壊されてしまいました。

 

壁を超えて、人間の世界に攻め入られてたら

玉座がどうとか言ってられない感じなのですが、

どんな壮絶な戦いになるのでしょうか。

 

 

シーズン8は6エピソードまでらしい

 

ゲーム・オブ・スローンズは、1シーズンがだいたい10話で

1エピソードにつき60分ほど。

 

シーズンが進むごとにエピソード数は少なくなってきたものの

1エピソードが長くなっています。

それこそ毎回映画を見ている感じ。

 

最終シーズンですから間違いなく盛り上がると思いますが

1話何分で6エピソードなんだろう?

 

 

今後の流れ

 

  • 誰が玉座につくか

 

  • デナーリスとジョン・スノウの関係がお互い知っちゃうのか

 

  • サーセイは誰に殺されるか(殺される前提・笑)
  • 北の王は誰になるのか
  • ティリオンは最後まで生き残るか
今ぱっと思いつくのはこんなところです。
サーセイ以外、不穏な奴らは死にましたし。

おまけ・ジョン・スノウが身につけてたもこもこはIKEAのラグだった!

 

この掛けているもこもこです。

 

海外ドラマNAVI@dramanavi 

『ゲーム・オブ・スローンズ』ナイツ・ウォッチの衣装はIKEAのラグだった! https://t.co/tzJkN1yb97 #海外ドラマ #ゲームオブスローンズ #GOT #ナイツウォッチ #IKEA #衣装 #製作費 # https://t.co/aonvMYkAPW

2017年08月12日 17:15

 

 

衣装さんっていろんなものリサーチして衣装に変えちゃうんですね。

その発想はありませんでした。

 

これを知ってからというもの、ナイツウォッチの人たちが

寒そうに見えてたまりません(笑

 

 

私が思うに、シーズン7から話がぐんぐん進みすぎっていうか、

もう少しじっくり見たいわーっていう気もするんですが、

クライマックスに向けて加速してるのかもしれません。

 

中だるみ的なこと一切感じずにシーズン7まできました。

 

身近にこのドラマを見ている人もいなく、

当然旦那も怖いといって見るわけもないので

ここでこうして書き綴って満足しているわたしなのでした。

 

 

2019年、待ちきれません!

 

日本も同時放送だといいですね(*⁰▿⁰*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です