人気記事バチェラー・ジャパンをメニューに追加したよ(*´꒳`*)

坂東工(ばんどうたくみ)が気になる!バチェラー・ジャパンの進行役

現在、バチェラー・ジャパン2を視聴中です。

金曜の新エピソード待ちの間、シーズン1を繰り返し見てるんですが、結果がわかった状態で見ると、いろんな発見があって、新たにイライラしたり、あーここでねぇ、なるほどねぇと納得したり、参加者のツイとかインスタをチェックしたり(笑)

もうちょっとここで掘り下げたくなりまして、またまたバチェラー記事です。

バチェラー・ジャパンを見ていると、気になるキャラクターがいます。

それは、進行役としてスーツでちょいちょい現れるあの人。

 

坂東工(ばんどうたくみ)さんと言う人です。

引用:バチェラー・ジャパン公式ツイッターより

 

もちろん、左のおひげの方です!(右はシーズン1バチェラーの久保さん)この人は一体誰?

と思っている視聴者は多いのではないでしょうか?てか、バチェラーマニアの女子には話題騒然、人気急上昇中の坂東さんについて書こうかと思います!

坂東工(ばんどうたくみ)さんの魅力

あくまでも私個人が思う魅力ですが(笑

○  長身

 

○  落ち着いたいい声

 

○  そこはかとなくワイルドな出で立ちでいながらも影に徹しているスマートな立ち居振る舞い

 

○  肩幅より広めに足を広げて立つスタイルが坂東流。

 

 

○  おしゃれなガーデンではもちろん、常夏の浜辺であっても、真冬の北海道であっても、

 

富士山近郊のキャンプ場であっても、常にスーツ。

 

○  あご髭とツーブロックながらぴっちり分け目を作っているヘアスタイル。

 

○  まつげに雪を積もらせている坂東さんも素敵。

 

○  ワイルド系イケメン。

 

○  バチェラーガールから

 

「坂東さんきたー」

「えーもうー?やだー」

 

など、嫌がられてもいつでも笑みをたたえている坂東さん。

 

 

バチェラー・ジャパンの進行役としての坂東さんのお仕事

 

○ バチェラーからことづかったデートのお誘いをバチェラーガールズに伝える伝言係。

 

○ 時には、そのデートの誘いが、競争率が高いツーショットデートだったり、
人数限定のグループデートだったり、どうしてのお留守番組が出てしまうので
坂東さんの登場が嬉しくもあり、えーやだーという反応もあり、気の毒。

 

○ 現在誰かがバチェラーとデート中であっても、次のデートプランをバチェラー
は坂東さんに託してあり、留守番組のガールズに伝えに行くこともある。

 

○ ローズセレモニーの前のカクテルパーティのタイムキーパー

 

○ ローズセレモニーの進行役。最後の一本になったら、

 「バチェラー、次がいよいよ最後のバラです」と言う係。

 

○ ローズセレモニーが終わったあと、

「それではここで別れをあいさつをお願いします」と、バラをもらえなかった女性に言う係。

 

こんなところです(笑)

ガールズがバチェラーとデートしてる間、何してるんだろう?二ヶ月間一緒なんだと思うし、けっこうな拘束時間。パーティのあとは、バチェラーと飲んだりしてるのかなとか想像してます。

女性たちのいざこざ、不穏な空気を肌で感じているのは坂東さんだと思うので(笑)、バチェラーは誰を選ぶか悩んだら、坂東さんに聞けばいいのにって思うほど、女性たちの裏の顔も見てると思うんだな。けっこうなストレスだと思う(笑

 

坂東工さんの本職は俳優!

坂東さん、非常に野性味あふれる一風変わった経歴をお持ちなんです。

所属事務所もなく、フリーランスで活動。

1977年7月25日生まれの現在40歳。

10歳くらいから、家庭の事情で一人暮らしをしていた。(ほんと?)

肉体派で、空手を始めいろんな武道に精通している。

日大卒業後、ニューヨーク→サンディエゴに移る。

その後、車で全米を一年半に渡り旅。

途中、採掘、狩猟などに興味を持ち、ネバダ、コロラド、アリゾナ州を渡る。

サンフランシスコで、1年間演技の勉強。

ニューヨークに戻り、エージェントと契約。この時25歳。

マーティン・スコセッシ監督の「ディパーデッド」に出演。

クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」でメインキャストである
谷田大尉役に一般オーディションで合格し、ハリウッドデビュー。

2014年には、戦地の中東など世界一周の旅に出る。

 

…なんか一人で人生を切り開いて生きてきた感がすごい。

 

 

アーティストとしての顔も

俳優としてだけではなく、ドラマの衣装を作ったり、個展を開いたりして、クリエイティブな
一面もお持ちです。はて、ワイルドな経歴のどのあたりでそんなスキルを身につけたんだろう。

それができたのは、やはり「バンドゥ」だからだろうか。

・2011年、デザイナーの森下まゆりに見出され、アート活動を開始。同年初個展。作品「生きる」が川崎市美術展にて奨励賞を受賞する。

・2015年、衣装デザイナーの黒澤和子から映画「真田十勇士」の衣装製作を依頼される。

・2018年、NHK大河ドラマ「西郷どん」にて渡辺謙(島津斉彬役)の衣装デザイン製作を担当。

引用:ウィキべディアより

坂東工オフィシャルサイトで、その作品をご覧ください。

 

「バチェラー・ジャパン」シーズン1、2で進行役で人気に

一部コアなファンの間で大ブレイク!!

 

と言っておきましょう!(笑
コアなファン私もです(*´꒳`*)ノ
バチェラーの女の見る目のなさにがっかりしている時、坂東さんがいるから視聴を続けるモチベーションにもなっています。
バチェラー・ジャパンでは大きな存在。

 

坂東工は結婚しているか?!

さて、彼はいったい結婚しているのか?と興味が湧くのですが、ウィキには既婚かどうか記載がないし、本人談の記事も見当たらず独身なんじゃないかと思われているのですが、一方で、坂東さんは既婚だよ、というネットの書き込みもあるんです。
そして私も、バチェラー視聴中に、坂東さんが一瞬左手に指輪をしていたシーンを見たんですよね。だから、あれ、やっぱり結婚してるのかな?とも思ったり。
独身だったら、坂東さんがバチェラーでいいじゃないか!!と思いますが、女子たちの嫉妬、駆け引き、ドロドロな人間関係に疲弊してきたときに、ふと現れる坂東さんは、番組の品を戻してくれるようなそんな存在なんじゃないか
と思います。
そのうち、バチェラーよりも坂東さんに恋するバチェラー・ガールが出てきたら面白いですね(笑

 

すでに、映画、ドラマ、CMなどで活躍されていますが、これからもっと映画や地上波でのドラマ出演も増えることでしょう。
バチェラー・ジャパンでの進行役もずっと続けていってもらいたいですね。

 

金曜日が待ち遠しい!!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です