人気記事バチェラー・ジャパンをメニューに追加したよ(*´꒳`*)

洋画「L.A.コンフィデンシャル」のわかりやすいレビュー!ラッセル・クロウの出世作

こんにちは!

 

いつも読んでいただいてありがとうございます。

 

わたしが見た映画の中で印象に残って原作本まで買った作品の一つ、

「L.A.コンフィデンシャル」について書こうと思います。

 

 

ブレイクちょい前のラッセル・クロウ、

何かと話題のケヴィン・スペイシーも出演している

渋い映画です。

 

なるべくわかりやすくご紹介します。

 

 

L.A.コンフィデンシャルについて

 

 

 

作品

原作

 

ジェームズ・エルロイ「L.A.コンフィデンシャル」

 

たしか上下巻の2冊だった気がします(あいまい)

 

公開

1997年、アメリカで公開

 

1950年代のロサンジェルスを舞台にした、当時裏世界を牛耳っていた

マフィア(ミッキー・コーエン)の逮捕をきっかけに、繰り広げられる抗争

の中巻き起こる事件の謎を描いたクライムサスペンスです。

 

 

登場人物とキャスト

エド・エクスリー(ガイ・ピアース)

ロス市警の刑事。優秀で亡くなった父親も警官だった。

上昇志向が強くてインテリでメガネ君。

出世のためには仲間も売る。部長からは刑事向きではないと

         言われている。
         ガイ・ピアースはこれがハリウッドデビュー作品でした。
         監督はあえて無名の役者を使いたくて器用されたそうです。
         融通の効かなそうな嫌なインテリ野郎だったけど、事件解決
         のために自分の出世を投げ打って賭けたのはかっこよかった
         です。

 

バド・ホワイト(ラッセル・クロウ)

 

         ロス市警の刑事。DVの家庭で育ったため、女に暴力を振るう輩
         には容赦ない。
         キレると誰も止められない乱暴者。ナイトアウル事件で殺された
         ステンズランドの元相棒。
         捜査で知り合った、リン・ブラッケン(キム・ベイシンガー)に
         惹かれている。
         ラッセル・クロウもこの映画がハリウッド初作品です。私はこの
         映画でラッセル・クロウのファンになりました(*´꒳`*)
         無骨で不器用な刑事役がぴったりでしたね。とにかく強い。

 

ジャック・ヴィンセンス(ケヴィン・スペイシー)

 

         麻薬科の刑事。当時放送されていたテレビドラマの監修を担当
         していて、芸能人の集まるパーティとか華やかな場所が好き。
         タブロイド紙「hash hash」からネタをもらい金銭を受け取る
         汚職警官でもあります。
         ナイトアウル事件の真相を突き止め、真犯人がわかった時には…
         #Mee too 騒動のきっかけのひとつにもなったケヴィン・スペ
         イシーですが、ジャック役はさすがでした。私はすごく好きな
         俳優さんです。この作品でアカデミー賞で主演男優賞受賞。

ダドリー・スミス(ジェームズ・クロムウェル)

 

         ロス市警の警部。腕の立つバドを片腕として使う。ロスの暗黒
         街の輩たちを一掃しようと取り組んで入るけれど…
         いい役も悪い役もこなす俳優さんですよね。だからこの人
         が出ていると、いい役でもあとから豹変するんじゃないかと
         思って見ちゃう。

リン・ブラッケン(キム・ベイシンガー)

 

         「白ゆりの館」という娼館の娼婦。有名女優に似せて整形させ
         ているのが売りの売春宿で、リンはヴェロニカ・レイク似。
         劇中では髪を染めただけの設定になっている。
         ナイトアウル事件で殺された一人に同じ娼館の娼婦がいたのを
         きっかけにバドにマークされるが、次第に二人は惹かれあってい
         く。
         すごくお美しい。でもラッセル・クロウの方が若干若く見え
         ちゃうかな。妖艶な美しさですね。
         ゴールデングローブ賞、アカデミー賞共に助演女優賞を受賞。

 

マット・レイノルズ(サイモン・ベーカー)

 

         駆け出しの若手俳優。「 hash hash」のシドに地方検事と寝る
         ようにそそのかされる。その後、モーテルで死体で発見される。
         ものすごいちょい役です。ちょい役ですが、なんと!
         若かりし頃のサイモン・ベーカーが観れる作品です!
         貴重ですね。
         今や「メンタリスト」のヒットでブレイクしましたよね。
         「メンタリスト」を見て、ああ!あの若手俳優の騙された子だ!
         と気づきました。

         

 

ざっくりあらすじ

 

背景

 

舞台は1950年代のロサンジェルス。

 

マフィアのボス、ミッキー・コーエンの逮捕をきっかけに、マフィアの抗争が

激化し、警察も警戒していました。

 

当時は、汚職警官もにいて、警察を引退したあとはマフィアの一員になっている

なんてこともザラです。

さらに、芸能界でもドラッグも蔓延していて、横流ししているのもマフィア。

警察も絡んでいます。

 

ロス市警内では、「血のクリスマス」というクリスマスの夜に

酒に酔った警官が、拘置されいていた容疑者たちと乱闘騒ぎを起こし

その責任をとらされ、ステンズランド刑事が退職に追い込まれます。

この時、証言したのは、出世の虫、エド・エクスリーでした。

これでめでたく刑事に。

 

相棒を売られたバド・ホワイトはエドに恨みを持っています。

 

一方、麻薬科のジャック・ヴィンセンスは、スキャンダルをスクープしている

ゲスいゴシップ紙「hashhash」の編集長のシドと組んで小銭を稼いでいました。

 

スキャンダルネタを仕込んでハリウッドスターをハメる

そのネタを事前に警察に流し

逮捕の瞬間をスクープ

編集長も警察もウハウハ

 

 

ってな感じ。どいつもこいつも欲にまみれたどうしようもないな

っていう背景。

 

 

ナイトアウル事件

 

マフィアの抗争と思われる事件が多発する中、コーヒーショップ

「ナイトアウル」で大量大虐殺事件が起こります。

 

その被害者の中に、こないだクビになったばっかりのステンズランドも

いました。

 

エド、バド、ジャックはそれぞれにこの事件を追います。

ある黒人3人グループが容疑者として浮上し、エドがその3人を逮捕

し、事件は解決したかにみえました。

エドも昇進。

 

浮かび上がる真犯人

そんな中、黒人3人グループは脱走します。それを追ったエドは

3人が逃げた現場を押さえ射殺。

同僚から賞賛を浴びます。

 

でも、違和感を感じていたエドは、この3人が本当に犯人だったのか?

という疑問を抱きます。

 

バドもそれは同様で、独自に捜査を進めていました。

 

何か知っていると踏んだエドは、ジャックにバドの監視を依頼します。

 

出世がふいになってもいいのかと問い詰められますが、

本当は、父のような立派な警官になりかったのに、いつの間にか

出世だけしか目に入らなくなってしまった。

 

「何のために刑事になったんだ?」とジャックに問います。

言葉を飲むジャック。

 

エドは「ロロ・トマシ」とつぶやきます。

 

 

「ロロ・トマシ」はいまだに捕まっていない、エドの父を

殺した犯人。「罪を逃れて笑う男」このために警官になったのを

思い出したのです。

 

一度解決した事件を再捜査するということは、自分の出世も棒に振っても

構わないということ。その本意気の姿勢にジャックは心を打たれ、

エドに協力することにします。

 

そこで3人は真犯人を突き止めるために動くのですが…

 

 

ロロ・トマシは誰だ

 

ちょっとはしょります。ネタバレにもなっちゃうので。

 

ジャックが最初に「ロロ・トマシ」にたどり着きますがそれを

ダドリー警部から伝え聞いたエドは、すべてを察します。

 

バドと協力して証拠を挙げていき、事件解決へ向かうのでした。

 

 

タイタニックの陰にかくれる名作

とっても複雑で長いお話なんですけど、130分少々の中にすっきりと

まとめられていてそこがすごいとまず思います。

 

この作品は1997年のアカデミー賞9部門にノミネートされて

作品賞も獲ると思われていました。

 

が!

 

この年、レオナルド・ディカプリオの「タイタニック」が大ヒットし、

作品賞を逃しちゃったんですね。

 

あんまり日の目を見ない感じになってしまった形ですが、

すごくかっこいい渋い映画でした。

 

3者3様の刑事たちですが、不器用な男の友情、結束力が

なんだか救われる映画かなと思いました。

 

私のツボとして、バド(ラッセル・クロウ)がリン(キム・ベイシンガー)に

ヴェロニカ・レイク似に整形してるのか、と聞いて、髪を染めただけよと

答えた時に

 

「君の方がきれいだ」

 

と無愛想につぶやくシーンがよかったです(笑

なに?職務中に口説いてんの?無表情で、なかなかやるなーと

思いました(笑

 

それでリンもキュンときてましたからね。

 

 

テレビドラマ化も決定したようですね!長い小説なので

ドラマがいいかもしんない、うん。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です